2012年6月18日 (月)

大飯原発再稼働について思う

野田政権が大飯原発再稼働を決めた。

まず感じたのは怒りではなく

ガッカリとした失望感だった。

再稼働に反対していた橋下市長も急速にトーンダウンしてしまった。

よほどの圧力があったのだと思う。

日本の政治は本当にダメだし、

経団連を筆頭とする経済界も本当にダメなんだなあと思った。

住民に原発事故の不安を強制しても

死にもの狂いで既得権益を守ろうとする

東電を筆頭とする電力会社は本当に醜い。

生産性を落としても節電に協力するから

原発は再稼働しないで欲しいという

大企業は現れなかった。

今回の再稼働は世界が注目していたと思う。

原発の推進は間違っていたと認めて

経済発展と便利な生活を犠牲にしても

節電や計画停電を行って

安全安心な生活を守る選択ができるかという

理性が問われていたと思う。

まあ関西圏は今回の福島の事故は

対岸の火事であってリアリティが足りなかったのかもしれない。

しかし絶対に事故は起きないという

神話の上に成り立っていた原子力発電所で

起きてはならない事故が起きてしまって、

十万人という人が今も故郷をを奪われ避難生活をしていて

福島原発周辺には今後、何十年と人が住めない区域が出来て、

福島の海も陸も、海産物も農産物も汚染されている現状を、

リアリティをもって想像できないというのは

人間として大事な何かが麻痺してしまっているとしか思えない。

私は福島原発の事故が進行している時に

恐怖で眠れない一夜を過ごして

人生感が、いや生き方が全く変わってしまった。

人生に一番大事なものは安全安心な生活であって、

豊かな生活や経済の発展ではないと心から思った。

野田総理は”国民の生活を守る”という抽象的な言い方で

大飯原発再稼働を押し切ったが

総理はどんな生活を守ると約束したのだろうか?

安全な生活?安心な生活?豊かな生活?便利な生活?

朝日新聞の4月の近畿地方の世論調査では

◆仮に今年の夏、関西電力管内で原発の運転を再開しないで大幅に電力不足になるとしたら、節電や一時的な計画停電が必要になってもよいと思いますか。

必要になってもよい77% そうは思わない18%

となっていた

http://www.asahi.com/politics/update/0423/TKY201204230661.html

こういう調査の結果に考慮して政治判断するのは

石原都知事はポピュリズムだというが

消費税増税のように自分に損があることに反対しているのではなく

自分たちが不便があっても、原発を稼働させないで節電しようという意見が

大衆の愚かな目先の感情と切り捨てられるのだろうか?

今回の再稼働で私は政治と大企業に失望したが、

希望は失っていない。

日本国民の心の中には消えることなく

経済発展や豊かで便利な生活よりも

安全で安心な生活が大事だと

気付いた人が多くいると信じているからだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

辞めるな管総理!

自然エネルギーに関する「総理・有識者オープン懇談会」を
ニコニコ生放送で見た。

7万人が視聴していた。

(下記で再放送中)
http://www.ustream.tv/recorded/15335425

管総理は終始穏やかで
国会の答弁の感じとは全く違っていた。

総理と言う立場で言えない事も多いなか
原発をやめて自然エネルギーに移行したいという
気持ちが伝わってきた。

さすが理系の総理だけあって
科学を良く勉強していて
植物に対する愛情
地球に生命があることの奇跡を
厳粛に受けとめなければいけないとの考えは
非常に感銘を受けた。

こうした放送がNHKや民法で全く報道されないことを思うと
我々が管総理に対して抱いているダメ総理のイメージは
マスコミによって作り上げられたもので
実態は違うのではないかと思ってきている。

時系列的に少し検証してみたい。

:3月12日

管総理が福島原発を訪問したために
ベントが遅れたとの報道がある。

これは政府が午前6時にベントの指示を出したにもかかわらず
東電がベントを躊躇して行わなかったために
福島に乗り込んでベントを迫ったのではないか。

管総理が福島原発に行かなかったらベントはもっと遅れ
爆発していた可能性もあったのかもしれない。

:3月15日
東京・内幸町の東電本店2階の統合本部を訪れ、「テレビで爆発が放映されているのに、官邸には1時間くらい連絡がなかった。一体どうなっているんだ」「あなたたちしかいないでしょう。撤退などありえない。覚悟を決めて下さい。撤退した時は、東電は100%つぶれます」と述べた

という報道も
実際に官邸に情報が来なくて怒った管総理に
東電が現場を放棄して撤退したいと言ったことに対して
キレたのではないか。

:5月9日
管総理の浜岡原発停止要請は大英断。

マスコミは中部から東電に電気が融通できないと
得意の供給不安を煽る脅しをかける。

:5月25日
経済協力開発機構(OECD)の設立50周年記念フォーラムで演説、エネルギー政策を見直し、太陽光や風力などの自然エネルギーの発電に占める割合を現在の9%から、「2020年代のできるだけ早い時期」までに20%とする目標を提示した。

これもすばらしい。

この発表の後に現実的でないとの批判が
マスコミに噴出したが
政治家は絶対出来ることだけを言うのではなくて
理想や向かうべき道を示すのが本当だと思う。

(総理は30%と言いたいと固執したそうだが、官僚が止めたそうだ)

6月11日
東京電力の事故調査・検証委員会(事故調)について、政府の国家戦略室が経済産業省の影響下に置く構想を菅直人首相に提示していたことがわかった。首相の辞任表明後に提示したもので、首相は原発を推進してきた同省が事故調の「骨抜き」を画策したとみて拒否した。

これも2030年迄に原発を50%まで引き上げるはずだった
そのエネルギー政策の見直しを行う機関を経産省ではなく
管総理が国家戦略室に移したしたための妨害と見られる。

こう考えると脱原発を望む国民にとって
管総理は理想の総理であって
私は支持したい。

管総理は元々市民運動出身であるし
東電などの既得権益の悪を暴くのは大好きなのだと思う。

確かに人格的には成熟していなくて
自分の感情で動いてしまうのかもしれないが
やっていることは間違っていないと思う。

頑張れ、ねばって出来る限り辞めるな管総理!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

太陽光パネル設置

1306363408288.jpg

自宅の屋根に2.5kwの 太陽光パネルを設置した。

今年の夏のピーク電力のカットと

脱原発社会の実現の一助になればと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

参議院行政監視委員会

参議院行政監視委員会で
原発事故と行政監視システムの在り方に関する
専門家による質疑応答

http://www.ustream.tv/recorded/14906087
http://www.ustream.tv/recorded/14907869

ソフトバンクの孫社長もわかりやすくて良かったが
3人の専門家の先生がすばらしかった
USTREAMのネットライブで1万6千人が視聴していた

明らかに3.11以降
日本は変わってきている

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月 1日 (金)

エネルギーの選択

電気が自由に使えなくなって、不便だとは思う。

でも今まで使い放題だったのが
原発という危険の上に成り立っていたわけだからね。

今回の原発の事故は
東京にも放射能がきて当事者になった人が多いのだから

今後、日本のエネルギー政策をどうするかは
政府や国会が決めるのではなくて
国民に直接聞いて欲しいと思う。

急には原発やめられないと思うけど

でもだんだん無くしていって欲しいと思う。

その結果、不便になったりするかもしれないけれど
それを踏まえて選択して
受け入れられるのではないかなと思う。

以前は地球温暖化を防ごうというキャンペーンがあったって
不便になってまで節電しようとは思わなかったけど
今なら電気が使い放題に戻ったとしても
地球温暖化防止のために節電が出来そうな気がする。

ブログネタ: 原子力発電について、どう思う?参加数拍手

| | コメント (1) | トラックバック (0)