« 2016年2月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月 7日 (水)

アンチグローバル化する世界

ジャカルタから更新。

2015年までの10年間の大きな世界の流れは

間違いなくグローバル化だったと思う。

インターネットが普及して、

世界で起きることがリアルタイムでネットから入手できるようになり、

日本の製造業が海外に出て行って国内が空洞化したり、

海外で作られた製品が日本にどんどん入って来た。

しかし2016年はこのグローバル化の流れが反転した年であった。

英国のEU離脱、米国の大統領選挙と、

グローバルで自由な世界から、

自国の利益を守って、狭い国内市場守る流れが始まっている。

おそらくみんな世界はそんなに大きくないということに、

気づいてしまったのだろう。

グローバル化する過程では、世界は無限に大きくて、

いくらでも成長するとみんな思っていたんだと思う。

しかし、米国一国の住宅バブルであるサブプライムローンが、

リーマンショックの引き金となり、世界金融危機を引き起こした。

金融危機後の成長の受け皿と期待された

中国や新興国のマーケットはそれほど大きいものにならなかった。

中所得国の罠と呼ばれる現象で、

中国や新興国の国民一人あたりのGDPが先進国並みになるには壁が存在した。

そして恒久に成長し続けるには世界は小さすぎて、

既に金融市場は肥大化してしまった。

どこかでそのバブルをはじけさせないといけないのだけど、

自分の国の被害は最小限にしたい。

そうした流れのなかでのアンチグローバルなのだと思う。

米国の金利が上がっているが、

これが引き金となってバブル化した何かのマーケットがはじけそうだ。

そしてそれはリーマンショックより大きな金融危機を引き起こす可能性がある。

トランプ次期大統領はそれを意図的にやるのかもしれない。

日本も対米従属一辺倒でない、

したたかな戦略がいよいよ必要な時代になったのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2017年1月 »