« インドネシア販売会社の移転 | トップページ | インドネシアの結婚式 »

2013年12月20日 (金)

インドネシア最低賃金2014

20131220

現地法人の社員と昼食会。

インドネシアのブカシ県(工業団地の多いエリア)2014年の最低月額賃金は、

今年の200万ルピアから来年245万ルピアへ

今年も40万ルピア以上あがる。

去年の最低賃金が160万ルピアだったことを考えると急激な上昇だ

それでもインドネシアへの外資の投資は活発で、

そこかしこで、新規の工場が建設されていることを考えると、

当分はこのぐらいのペースで毎年上がりそうだ。

インドネシアの人件費は他のアセアンの国と比べても

そんなに安い方ではなくなってしまった。

輸出型企業が人件費の安さを狙って投資する水準では、もはやない。

インドネシアへの今後の投資は

現地の2億4千万人の成長するマーケットを

期待しての投資に絞られてくるだろう。

しかし、恐ろしいスピードと量だ

アジア通貨危機の前のインドネシア投資ブームと規模が全然違う。

今回の投資の流れは、FRBの金融緩和縮小ぐらいでは揺らがないだろう。

この数年インドネシアの民衆の暮らしが豊かになったことは間違いなく

たとえバブル景気であっても、それは喜ばしいことだ。

 

|

« インドネシア販売会社の移転 | トップページ | インドネシアの結婚式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/58788696

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア最低賃金2014:

« インドネシア販売会社の移転 | トップページ | インドネシアの結婚式 »