« 2052 今後40年のグローバル予測 | トップページ | TPPと日本の今後 »

2013年4月 3日 (水)

インドネシア近況

527681_153219994842697_447309559_n

ジャカルタから帰国。

インドネシア国内は昨年バイクが700万台売れたそうだ。

今年は900万台を計画しているそうだ。

いくら人口が2億4千万人いるとはいえ

そんな調子で販売していては

近い将来に飽和してしまうだろう。

自動車も家も良く売れている。でも全部ローン。

明らかにバブルだ。

金融緩和で先進国が金融緩和したマネーが

流れ込んできているのだろう。

インドネシアのローン金利は8%~10%だから

それは美味しいのだろう。

政府は景気の過熱を防ぐ意味で

ローンの頭金を25%(車や家は30%)取ることを義務づけたが

シャリア銀行などのイスラム金融が

その頭金を割賦にしていて実質骨抜きになっていた。

この5月からシャリア銀行などによる頭金の割賦は禁止になるようだ。

物が売れなくなって景気が悪くなればローンを払えなくなる人がでるだろうが

まだまだローン落ちのバイクでも欲しい人は多い

まだ間に合う

バイクが行きわたらないうちにソフトランディングして欲しい。

インドネシアが好きだからね。


|

« 2052 今後40年のグローバル予測 | トップページ | TPPと日本の今後 »

コメント

「インドネシア通販活況」と新聞が報じていました。現在3000億円規模が2年後には8000億円に拡大するとか。日本から楽天、住友商事などが既に進出し、2億4千万人の人口と年6%を超える経済成長率を誇るインドネシアに大注目のようです。日本では平日の夜と休日昼に集中する注文が、平日の昼間が圧倒的に多く、会社のパソコンで、勤務時間中にネットショッピングをやるようだ。交通渋滞が慢性化したジャカルタのインフラ整備とオンライン決済、消費者保護が課題だとの記載もありました。
 ところで、ゴルフのマスターズでオーストラリアのアダム・スコットがプレーオフを制して優勝しました。彼のシャッの胸には赤い「ユニクロ」のロゴがありました。何かを象徴しているように感じました。 

投稿: 足立 | 2013年4月15日 (月) 11時32分

インドネシアの公務員は、ほとんどの時間TV見たりインターネットして遊んでますからね。
フィナンシャル・タイムス紙がジャカルタのバブルについて書いています。
http://www.ft.com/cms/s/0/177bcfbc-a1dd-11e2-8971-00144feabdc0.html

投稿: シモムラ | 2013年4月16日 (火) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/57097766

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア近況:

« 2052 今後40年のグローバル予測 | トップページ | TPPと日本の今後 »