« ジャカルタ経済事情からみた日本の今後 | トップページ | インドネシア近況 »

2013年2月23日 (土)

2052 今後40年のグローバル予測

”2052今後40年のグローバル予測”を読んだ。
著者のヨルゲン・ランダースは40年前に出された
”成長の限界ローマ・クラブ人類の危機レポート”の編者の一人である。

”成長の限界”を読んだのは私が浪人生の時で、
駿台予備校のユニークな先生がテキストとして使っていて
その衝撃的な内容は私のこれまでの生き方に少なくない影響を与えている。

本書も”成長の限界”に劣らず衝撃的な内容である。
著者はこの過去40年間の危機に対する人類の対応を見て
人類は”自分の身”に危機が実感されない限り、有効な対策を取らないと断ずる。
その結果2040年には異常気象と社会不安は増大する。
しかしそれは人類の危機にとって壊滅的な状態にはならないという。
(大きな痛みと変動を伴うが人類は滅亡しない)
それは、世界中が都市化することにより出生率が下がり人口は減少していき
世界のGDPも減少していくのが、
壊滅的なオーバーシュートには間に合いそうだからだ。
そして自然エネルギーの増加による持続可能な社会で
消費の増加が幸福の増加ではないという認識が共有される。

予測であるので著者の主観が入るのは避けられないが、
ここに原稿を寄せている多数の識者が同じような未来を予測している。

いま日本の置かれている
少子高齢化による人口減少とGDPの成長限界
そして幸福感の問題は、
30年後の世界中の問題であることがわかる。
今後、日本がこの問題のブレイクスルーを見つけることができれば
世界に貢献できることになると思った。

|

« ジャカルタ経済事情からみた日本の今後 | トップページ | インドネシア近況 »

コメント

2052を読みました。「心配しても状況は変わらない」「産業革命の次に持続可能性革命がやってくる」「経済成長より幸せのほうが大切だという考え方が、広く認められるようになる」「2052年、再生可能エネルギーは最大の電力源となる。原子力の重要性は低下し、原子力発電は終焉を迎える」等の示唆に富む意見に、少し安心しております。
「異常気象と社会不安は増大する」とありますが、現在の社会不安の根底の一つに「宗教」があると感じています。2052年、これはどうなっているものでしょうか?

投稿: 足立 | 2013年3月 8日 (金) 11時45分

自分のスピリチュアリズムな視点で予測させていただくなら、霊界に関する共通の認識が生まれ、すべての宗教の教義が根底では同一であることがわかり、宗教的な対立はなくなると行きたいものです。

投稿: シモムラ | 2013年3月 8日 (金) 12時43分

「霊界に関する共通の認識」が生まれることを切に望みます。宗教の教義の根底に違いはないと思いますものね。

投稿: 足立 | 2013年3月 8日 (金) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/56821808

この記事へのトラックバック一覧です: 2052 今後40年のグローバル予測:

« ジャカルタ経済事情からみた日本の今後 | トップページ | インドネシア近況 »