« 梅干し2012 | トップページ | アブラゼミの羽化 »

2012年7月24日 (火)

伊万里湾のカブトガニの産卵

1343101520019.jpg

1343101536156.jpg

伊万里に出張に来る様になって3年になるが、
初めて夏の満潮と出張のタイミングが合った。
20組が浅瀬に産卵に来ていた。

|

« 梅干し2012 | トップページ | アブラゼミの羽化 »

コメント

カブトガニは食用にすることはできないでしょうが、山陰境港の砂浜にはガザミがたくさん生息しておりました。東京湾で獲れるワタリガニによく似ているのですが、足から胴体が青紫色で「アオデ」と呼んでおりました、茹でると真っ赤になります。脚と甲羅に肉がびっしり詰まり、味は濃厚で独特の風味がありました。近年、乱獲の影響か、故郷ではほとんど姿を消してしまったようです。自然は大切に残していきたいものです。西日本の日本海沿岸に生息しているようなので、佐賀県の海岸では獲れるのではないでしょうか。

投稿: 足立 | 2012年8月 1日 (水) 11時06分

有明海にはワタリガニの1種の竹崎ガニがいます。私はカニの中では一番ウマイと思っています。
自然の恵みに感謝しつつ取りすぎない(食べ過ぎない)ようにはしたいものです。

投稿: シモムラ | 2012年8月 1日 (水) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/55268842

この記事へのトラックバック一覧です: 伊万里湾のカブトガニの産卵:

« 梅干し2012 | トップページ | アブラゼミの羽化 »