« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月 2日 (火)

金融戦争

期限ギリギリで米国の赤字上限引き上げが決まり

米国債のデフォルトはとりあえず回避されたようだ。

しかし米国政府は大幅な緊縮財政を約束された。

今後、米国の景気は後退しドル安の流れは変わらないだろう。

ドル円が77円台で膠着している。

78円では多くの輸出企業がやっていけず

長く放置すれば日本の製造業は空洞化するだろう。

政府は円高是正策を検討しているようだが

もし円売りドル買いの単独介入を行っても

効果は、ほとんどないだろう。

逆に今後さらに下落するドルを多量に持ってしまって

ババをつかむ事になる。

今起こっていることは金融戦争なのであって

従来の考え方は全く通用しないと思ったほうがいい。

ドルは捨て身で売り抜けようとしているのであって

円も何か防衛しないと負けてしまう。

ムーディズやS&Pの米国系格付け機関も

金融戦争の兵器なのであって、

日本やユーロ国の国債の格付けが米国債に比べて

意図的に低くされているのは、ご存知のとおりだと思う。

対抗策としてはアジア通貨危機の時のマレーシアのように

日本が通貨をドルに対して固定化するのが

本当は一番有効だと思うが

優等生の日本人には出来ないだろう。

でも国際的なルールを守ってフェアプレーしていたのでは

この戦争負けてしまうのだ。

本当は日本政府がやるべきことは対米従属をやめて

手持ちの米国債を売り払って

金を買うことだと思う。

でも軍事力で首根っこを押さえられているんで

それも出来ないんだろう。

だとしたら金融緩和して刷った強い円を生かして

民間が何かやらなければならないのかもしれない。

ドルの寿命は長くないのだから

その間だけ耐えればいい。

余談だが現在日本は食料は米以外の多くを輸入に頼っている。

こう考えるとTTPというのも

食料を兵器とした食料戦争という側面で考えて防衛していかないと

世界の人口が増える将来に大変なことになると思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »