« 1ドル78円突入 | トップページ | 金融戦争 »

2011年7月19日 (火)

日本人のDNA

最近のDNAの研究では
親が受けたストレスが
DNA配列の変化を伴わずに(突然変異ではなく)
DNAに対する化学的な修飾(エピジェネティクス)として
子供に遺伝していくことが解ってきている。

http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2011/110624/detail.html

だとすれば大東亜戦争の敗戦の記憶も
大きなストレスとして
戦後生まれの日本人のDNAには刻み込まれているはずだ。

戦後生まれの日本人の
抑制された攻撃性や
欧米の文化に対する盲目的な崇拝も
DNAに刻まれているとしたら理解も出来る。

僕の父親は明治生まれで
父親が55歳の時に生まれた遅い子供であった。
父は目が悪かったために
戦中は徴兵されなかったそうだ。

もしかしたらそういうことが
関係しているのかもしれないが
自分はそうした戦後の日本人の
アイデンティティに同化できずに
日本人であることが嫌で
日本人であることよりアジア人として
生きようとずっと思っていた。

しかし今回、東日本大震災を経験して
電車が止まり、車で自宅まで帰ろうとしたが
途中で車は大渋滞で動かなくなり
車を乗り捨てて、深夜自宅まで歩いて帰った。
歩道を歩く大勢の日本人は誰一人として文句を言わず。
もちろん暴動や争いもなく
整然と夜道を規律正しく歩いていた。

翌日からTVで津波による大きな被害が
だんだん明らかになった。
しかし泣き叫ぶ日本人は画面の中には居なかった。
皆、この震災を受け止めて苦難に耐えて
地域が協力して復興しようとしていた。

今回の震災を経験して
僕は初めて日本人であることに誇りをもち
日本人に生まれて良かったと思った。

我々日本人のDNAには
日本民族の記憶がDNAの情報として記録されていて
震災のような非常時に、そのDNAは発現するのだと思う。

それは地震の多い島国に生きて
津波や噴火の自然災害に
たびたび見舞われても耐えて、
それでもこの島で生きていくために
個人の我を捨てて、集団の規律を優先したのが
日本民族のDNAなのだと思う。

なでしこJAPANの戦いぶりにも
日本人のDNAを感じてしまったのは
僕だけではないだろう。

|

« 1ドル78円突入 | トップページ | 金融戦争 »

コメント

 ピンチに直面すればするほど動きが良くなり、実力を発揮する。まるで、困難な状況を乗り越えることに楽しみを感じているような一途な戦いぶり。どう見ても欧米チームに劣る体力。なでしこjapanは大震災と原発事故に打ちのめされ、機能不全に陥ってしまった日本の底力を世界に見せつけました。まさに、日本民族のDNAが目覚めた快挙でした。これに力を得たのは官首相だけではないはずです。

投稿: 足立 | 2011年7月19日 (火) 16時29分

困難な状況を乗り越えることに楽しみを感じ達成感を得て人生を充実させられるでしょう。
なでしこから力を得たのは菅総理や日本人に限られなく、私も、この大きな激励を持って、10月16日の北京フルマラソンに臨んでおります。

投稿: senkai | 2011年7月27日 (水) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/52249531

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人のDNA:

« 1ドル78円突入 | トップページ | 金融戦争 »