« I’m in Jakarta | トップページ | 節電の夏 »

2011年6月23日 (木)

I'm at スンダ レストラン

1308799665254.jpg

ヤギ肉のスープ
鳥肉の素揚げ(ココナッツオイル)
魚の丸揚げ(チリソース)

|

« I’m in Jakarta | トップページ | 節電の夏 »

コメント

 ヤギ肉と言えば忘れられない思い出があります。今から50年も前のこと、山陰地方の片田舎にあつた私の生家では庭に小屋を建ててヤギと鶏を飼育しておりました。ヤギは乳を搾って飲みました。学校給食の牛乳はアメリカ産の脱脂粉乳で、ヤギの乳のほうが新鮮で、はるかに美味しかったのです。また、当時は貴重な栄養源であり、ヤギには豆腐の搾りかす(オカラ)を毎日与え、たくさん乳をだすようにするのが小学生であった私の仕事になっておりました。
 ある日のこと、下校してエサを与えようと小屋に行ってみるとヤギの姿が見えません。「ヤギはどげしただ?どこえいっただ?」とたづねる私に、祖母は「年取って乳がようけ出んようになったで、潰して、食うことになった。」と言いました。
 翌日、一塊の肉となって帰ってきたヤギは、炭火焼とごった煮となって食卓に並びました。一切れだけ口に入れてみましたが、涙があふれて止まらず、どんな味だったか覚えていません。
スンダレストランのヤギ肉のスープはどんな味ですか?


投稿: 足立 | 2011年6月29日 (水) 16時14分

涙の思い出に対して恐縮ですが。
ヤギはとても美味しいのです。
インドネシアではヤギ肉はカンビンと呼ばれていて、とてもポピュラーです。
ヤキトリのように串焼きしたサテカンビンも美味しいのですが、
今回食べたスンダ料理の澄んだスープの他に、ヤギ骨でダシを取った白いスープに、ラクダのバターを入れて飲む屋台のスープもまた格別です。
肉類は皆そうかもしれませんが、
脂身が独特の風味があってヤギでなくては出せない味があります。

投稿: シモムラ | 2011年6月29日 (水) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/52021171

この記事へのトラックバック一覧です: I'm at スンダ レストラン:

« I’m in Jakarta | トップページ | 節電の夏 »