« 福島原発 近況考察4 | トップページ | 福島原発 近況考察6 »

2011年3月18日 (金)

福島原発 近況考察5

僕は20日からインドネシアなので

この考察も最後になると思う。

原子炉が停止して7日

最悪の臨界事故になる可能性はほぼなくなった。

後々明らかになると思うが、15日未明

2号機は臨界事故寸前であったのではないかと思っている。

今回、事故の状況を考察するのにネット上で見られる

各地に置かれている放射線のモニターの値が大変参考になった。

http://pow-source.com/311/

今回一番広範囲に放射性粒子を拡散させたのは

3号機の水素爆発だと思われるが

この水素爆発は、使用済核燃料容器を破壊して

使用済燃料を飛散させたのではないかと思っている。

3号機が水素爆発したのが

14日の11:01

それが15日の4時ごろ茨城県に到達して

「3161100.pdf」をダウンロード

110319graph_ibaraki_1600_01

東京にも15日に飛んできている

「tonai.pdf」をダウンロード

110319graph_tokyo_1600_01

しかし東京の数値が17日に下がっているのに対し

茨城は下がってはいるが以前の数値までは戻っていない

「318.pdf」をダウンロード

(福島の北西側もあまり下がっていない19日追記)

(19日まで福島県のデータは公開されなかった)

Fuku1

これは小さい粒子は風に飛ばされ遠くまで行くのに対し

大きな粒子は途中で地面に落ちていくので

地表(あるいは計器)に落ちた粒子が放射線を出しているのを

カウントしていると考察される。

だとすると、より風上にはもっと大きな

強い放射線を出す粒子が地面にあるわけで

風評被害を恐れてマスコミは書けないのだろうが

しばらくの間は原発の風上で取れる

葉物野菜は良く洗って食べないと危険ということになる。

チェルノブイリのときは

草食獣のトナカイの肉の汚染が問題になったが。

今回は濃度が比較的薄いので問題は起きないはずだが

草を食べる家畜の乳や肉にも放射線が蓄積されることもあるので

一応注意だけはしておきたい。

今回、臨界事故になっていたら

東京も高レベルに汚染されていた可能性もあったわけだから。

幸運を感謝して、生きていこう。

命あっての物種で、生きていればなんとかなる。

|

« 福島原発 近況考察4 | トップページ | 福島原発 近況考察6 »

コメント

貴重な情報をありがとう。ここ数日一生懸命読ませていただいています。
出張気を付けて行ってきて下さい。

投稿: 大福餅 | 2011年3月18日 (金) 22時39分

わかりやすい情報をありがとうございます。
胃のレントゲンを 50回以上している
娘を抱え、危険回避をしたくて おろおろしておりました。

不安・緊張から開放されます。
こころより 感謝もうしあげます。

投稿: Maygreen | 2011年3月20日 (日) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/51153835

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発 近況考察5:

« 福島原発 近況考察4 | トップページ | 福島原発 近況考察6 »