« 福島原発 近況考察9 訂正稿 | トップページ | 大震災が日本人を変える »

2011年3月24日 (木)

福島原発 近況考察10

東京都の水道水から放射性物質が検出され

不安に思っている人が多いと思うが。

今後は数値は減少して事態は収束すると見ている。

東京都の労働安全局が

大気中の粒子を捕捉して

放射性物質のデータを公開している。

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/whats-new/measurement.html

大気中の粒子を捕捉しているため

地面に落ちた放射性粒子の影響を受けないので

新たに放射性粒子の放出が起こっているかの

判断の材料になる。

15日の10:00にピークがあり

その後減少して

雨の降った21日若干上昇し

その後また下がっている。

14日11:01に3号機の水素爆発で放出された粒子が

北北東の風3~5mに乗って運ばれたと考察する。

|

« 福島原発 近況考察9 訂正稿 | トップページ | 大震災が日本人を変える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/51203564

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発 近況考察10:

« 福島原発 近況考察9 訂正稿 | トップページ | 大震災が日本人を変える »