« 3月15日・16日 自宅待機 | トップページ | 福島原発 近況考察2 »

2011年3月15日 (火)

福島原発 近況考察

3月15日の16:00の

枝野官房長官の会見によると

1号機・3号機は安定的に注水され

2号機も注水がうまくいってるようだ。

正門付近のモニタリングの測定値も

9:00をピークに劇的に下がったようだ。

大体11:00時の会見と枝野氏の顔つきが全然違う。

11:00時の時は冷や汗を垂らしながら

400ミリシーベルト/h を記録したと言われたときは

さすがにヤバイと思った。

メルトダウンの可能性も覚悟をした。

でも16:00の会見は余裕があった。

きっと山は越したのだと思う。

でも今回の件で数マイクロシーベルト/hだから

健康には心配ないとよく言われているが、

僕は学生の時に原子力を勉強したので言いたいのだが

被爆にどこまでは絶対安全という数値はないと思う。

体内被曝(汚染粒子の吸引)と体外被曝(レントゲン)では

体内被曝のがずっと危険だし

吸引してしまった場合プルトニウムとウランでも全然違う。

そして被爆量と発ガンの関係(許容量)だって

よくわかっていないのだ。

被爆なんてしなければしないほうが

いいに決まっているのだ。

asahi.comによると

管総理は下記のように言ったそうだ

***********************************

 菅首相は15日午前5時半前、首相官邸で記者団に東電との統合本部発足を発表し、「憂慮すべき状況は続いているが、何としてもこの危機を乗り越える陣頭指揮に立って、やり抜きたい」と強調。その足で東京・内幸町の東電本店2階の統合本部を訪れ、「テレビで爆発が放映されているのに、官邸には1時間くらい連絡がなかった。一体どうなっているんだ」「あなたたちしかいないでしょう。撤退などありえない。覚悟を決めて下さい。撤退した時は、東電は100%つぶれます」と述べた。

***********************************

最低だ。

|

« 3月15日・16日 自宅待機 | トップページ | 福島原発 近況考察2 »

コメント

福島原発の事故による放射線の放出について、この考察には明確な誤りがある。
それは、検出されている放射線はウランやプルトニウムではない。ヨウ素である。
ウランやプルトニウムが放出される時はチェルノブイリのような炉心溶融による
原子炉の破壊であるが、日本の原発はチェルノブイリ型とは異なっており、原子
炉格納容器に保護されているので、メルトダウンが発生しても、簡単には破壊
されない。
いたずらに不安をあおるのではなく、懸命に活動している消防士を始めとする関係
者の努力に敬意を表し、応援することだ。

投稿: | 2011年3月21日 (月) 14時21分

すべてレントゲンの外部被曝量から
安全といっていることに対して
反応後の核燃料には
わずかであるが
ウランやプルトニウムを含んでおり
半減期が長いことや毒性から
吸引した場合の危険性が違うということを
言いたかっただけです

メルトダウンを起こして
炉の底部に燃料がたまり
制御不可能な再臨界状態になった場合
炉格納容器を破壊しての爆発の可能性は
あると思っています

投稿: シモムラ | 2011年3月21日 (月) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/51127480

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発 近況考察:

« 3月15日・16日 自宅待機 | トップページ | 福島原発 近況考察2 »