« 福島原発 近況考察7 | トップページ | 福島原発 近況考察9 訂正稿 »

2011年3月21日 (月)

福島原発 近況考察8

インドネシアから更新

気になって情報を見てしまうが

一向に政府から正式な見解が出てこない。

文部科学省からリアルタイムではないが

詳しいデータが出るようになった

心配な人はここを見ると良いだろう。

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/index.htm

茨城県のデータで

15日~16日 放射線量のピークがある

08_ibaraki_20110313

3号機の水素爆発が使用済核燃料の一部の容器を破壊して

大気中に飛散させていると思われる。

以前の数値まで戻らないのは

地表に落ちた放射性粒子が放射線を出しているのではないか。

この粒子がホウレンソウに付着して検出されていると思う。

13_tokyo_20110313

東京も線量は下がるが同じような傾向。

20日4時半 枝野官房長官会見より

**************

――福島原発4号機。外に強い発熱体が発見されたとの情報。

 様々な温度などについて、あるいは上空からの写真などについては自衛隊、あるいはある段階では米軍含めてご協力を頂いて把握しているが、それについての分析は専門家の皆さん含めて、専門家の皆さん中心に分析をしながら進めている。

 ――4号機の外は発熱するものがないはず。使用済み核燃料の一部である可能性は。

 そもそものデータそのものをどう読むべきかについて専門家の皆さんに分析をしていただいている

************

政府は解っているけど結論を出せないという

なさけない状態。

|

« 福島原発 近況考察7 | トップページ | 福島原発 近況考察9 訂正稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/51179304

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発 近況考察8:

« 福島原発 近況考察7 | トップページ | 福島原発 近況考察9 訂正稿 »