« 成田空港なう | トップページ | 3月15日・16日 自宅待機 »

2011年3月 7日 (月)

米覇権の衰退

JALのラウンジから更新。
政治の世界に偶然で起こることはない。
と言ったのはFルーズベルトだが、
前原外相が、たった25万円の献金問題で
辞任に追い込まれたのは、
どうにも不可解だ。
チェ二ジア、エジプトの民主化が
米覇権の衰退が原因とするなら、
親米で時期総理候補の前原外相が失脚するのは、
日本でも米国の従属から抜け出そうと
いう動きがあるのかもしれない。
尖閣問題は棚上げされるのだろう。
普天間移設も先伸ばしされ、
縮小されるだろう。
今、日本の政治は混乱の極みだが、
戦後65年の流れが
変わろうとしているのだとしたら
それもやむ終えないのかもしれない。

|

« 成田空港なう | トップページ | 3月15日・16日 自宅待機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/51055349

この記事へのトラックバック一覧です: 米覇権の衰退:

« 成田空港なう | トップページ | 3月15日・16日 自宅待機 »