« 格差社会 | トップページ | 幕張メッセなう »

2010年11月24日 (水)

北朝鮮が韓国を砲撃

北朝鮮が韓国を砲撃した。

米国は「強く非難する」との報道官声明を出し

「同盟国である韓国の防衛と、

地域の平和と安定の維持に全力を傾ける」とした。

なんか尖閣諸島問題の米国のコメントと似ている。

どうも米国と同盟国(日本・韓国) 対

中国と親中国(北朝鮮・ロシア)

との対立軸を煽る動きがあるような気がしてならない。

いやむしろ、日本や韓国が中国と接近するのを

阻止する動きといったほうが良いかもしれない。

今回は死者が出ているのに

穿った見方をして不謹慎かもしれないが

どう考えても今回の件は北朝鮮にメリットはなく

米国及びその軍需産業にしかメリットがないように思えるのだ。

在韓米軍は駐屯費用の問題から反米軍感情が強く

段階的に削減が続けられ

2016年までに在韓米地上軍は撤退の予定であったはずだ。

今回も北朝鮮の言い分としては

「韓国軍の演習に対する、断固たる軍事的措置を講じた」としている。

どちらが仕掛けたのかは

一方的な報道からは解らないのだ。

尖閣諸島問題も

通常は中国の漁船が漁をしていても黙認していたのに

今回は海上保安庁の巡視船がしつこく追いまわしたために

逃げられないと思い衝突したという見方もある。

思いやり予算の削減を掲げていた民主党政権も

結果的に思いやり予算は維持となった。

経済的な覇権を失ってきて

為替問題でも全く米国の言うことを聞かない中国に対して

現在でも米国が覇権を維持している軍事力で

同盟国を巻き込み押さえ込もうとしているような気がしてならない。

|

« 格差社会 | トップページ | 幕張メッセなう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/50116881

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮が韓国を砲撃:

« 格差社会 | トップページ | 幕張メッセなう »