« 尖閣諸島問題とナショナリズム | トップページ | 中国の強硬姿勢 »

2010年9月24日 (金)

レアアース対日輸出禁止

尖閣諸島問題が原因で

中国がレアアース(希土類)の

対日輸出の禁止を決めたようだ。

セリウムの当社への輸入も

実際に先週出荷予定だったものが

中国の通関で止まってしまっている。

何か中国って本当に子供じみた国だなと思う。

人の弱みに付け込んだ政策が

恥ずかしくないのだろうか。

ここまで来てしまったら、もっとこじれないうちに

日本が大人になって一歩引いて。

もし出来れば日本に有利な条件をつけて

(希土類の来年の輸出枠拡大とか)

9月29日は船長を解放したほうがいいと思う。

船長を解放してもイコール領有権を

認めたとはならないでしょう。

尖閣諸島の油田だって将来的には

中国と半分半分にすればいいんだと思う。

どうせ大昔はどこの国のものでもなかったんだし。

隣の国と険悪になるのは

油田より、もっと大きな損出になると思う。

ただ今の優柔不断な政府が

29日までに政治的な決断を何も出来ないのではないかと

それがすごく心配だ。

|

« 尖閣諸島問題とナショナリズム | トップページ | 中国の強硬姿勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/49545653

この記事へのトラックバック一覧です: レアアース対日輸出禁止:

« 尖閣諸島問題とナショナリズム | トップページ | 中国の強硬姿勢 »