« 佐賀なう | トップページ | レアアース対日輸出禁止 »

2010年9月22日 (水)

尖閣諸島問題とナショナリズム

尖閣諸島問題で中国人が怒っているようだ。

自分としては何で、そんなに

熱くなって騒いでいるのか解らない。

たぶん私の世代の日本人には

ナショナリズムが欠乏しているのだと思う。

明治時代に日本は近代化をめざし

欧米に負けないよう富国強兵の政策をとった。

そのころの日本人はナショナリズムも強かったと思う。

その後第二次世界大戦で敗戦し

その帝国主義は間違いだったと否定された。

そしてナショナリズムを否定された価値観の中で

育った我々の世代には

ナショナリズムが育たなかったのだろう。

かわりに戦後の日本人の目標となる価値観は

個人の豊かさや、効率や、便利さ、であった。

それが、ある程度、達成されてしまった現在

日本に閉塞感が生まれるのも

しょうがない話なのかもしれない。

そんな根無し草の日本人ではあるけど、

ナショナリズムが強くなり

みんな自国の利益のみを主張する時代にあって

だからこそ今、日本人に出来る役割があるようにも思う。

|

« 佐賀なう | トップページ | レアアース対日輸出禁止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/49525258

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島問題とナショナリズム:

« 佐賀なう | トップページ | レアアース対日輸出禁止 »