« したたかな外交 | トップページ | 愛国心と日本人 »

2010年8月31日 (火)

日銀と政府の円高対策

昨日、日銀の臨時会合が開かれ

6ヶ月間10兆円の0.1%固定金利での

新型オペレーションを決めた。

政府は家電・住宅エコポイントなどの経済対策を決めた。

一時、期待感から1ドル85.9円まで戻ったドル円は

失望感から84.4円まで円高に戻った。

本当にやり方が下手だと思う。

サプライズが全く無いのだ。

市場はそれぐらい織り込み済みなのだ。

マスコミも悪い。

日銀・政府の発表の前に

事前に対策の中身がリークされて報道され

対策に全くインパクトが無い。

サプライズがあるからこそ

投資ファンドの損切りラインのストップロスを超えて

はじめて円安に誘導できるのに。

僕なら85.9円まで戻ったところで

ドル買いの介入を10兆円しかけたのに。

今10兆円金融緩和しても

日本国内に投資する企業なんていないと思う。

優秀な経営者なら海外の新興国に投資するでしょう。

空洞化のために金融緩和しているようなものだ。

そして今またマスコミは

”80円切ったら介入も検討するとみられる”なんて書いている。

そんな予定調和な介入こそ

本当に捨て銭だからやめたほうがいい。

|

« したたかな外交 | トップページ | 愛国心と日本人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/49303933

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀と政府の円高対策:

« したたかな外交 | トップページ | 愛国心と日本人 »