« 梅干2010 | トップページ | お盆休み明け »

2010年8月15日 (日)

ラン受難の年

Img_0056

趣味で洋ランを育てているが

今年は受難の年であった。

今年の冬は寒かったため

例年であれば大丈夫であったのに

会社の窓際で冬越しさせている胡蝶蘭が

寒さにやられ半分が枯れて

自宅に非難して生き残った物も

かなり葉を落とした。

例年通りGW明けに屋外に出したが

今年の5月は寒く

葉を落とすものも多かった。

屋外では風通しがよいように

軒に針金のハンガーで吊るしているのだが

6月・7月はこの針金をカラスが巣作りの材料に欲しがって

落下するものが多数

しょうがないので鉢を地面に置くが

ナメクジに新芽をカジられた。

8月になってカラスの巣作りが終わったころ

ハンガーで吊るして落ち着く。

こんな逆境のなかでも生き残ったランは

ナメクジにカジられた新芽を伸ばして力強く生きている

そんな生命力に触れるのも

植物を育てる楽しみの一つである。

鉢が減った分、カトレアとパフィオを買い足そうと思っている。

|

« 梅干2010 | トップページ | お盆休み明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/49150553

この記事へのトラックバック一覧です: ラン受難の年:

« 梅干2010 | トップページ | お盆休み明け »