« ジャカルタから更新 | トップページ | 宇宙と自分 »

2010年1月13日 (水)

硬いごはん

我が家のごはん(飯)

硬い方がウマイと思って

硬く炊いているうちに

だんだんエスカレートしてしまった。

米3合に2.5合分しか水を入れないで

さらに雑穀を若干まぜているので

かなり硬い方だと思う。

九州ラーメンで言うならバリカタぐらいか。

サトウのごはんをたまに食べると

やわらかくて気持ち悪いし、

寿司もシャリのやわらかいものは

ウマく感じなくなってきてしまった。

かなり重度だ。

思えば子供の頃

おばあちゃん子であった私は

ばあちゃんの作る

うどんのような太さに煮込んだ

インスタントラーメンで育ったものだが。

今ではラーメン屋では麺固めと言っている。

日本の喫茶店も

昔はのびきったやわらかい

スパゲティが出てきたものだが

今やアルデンテが主流だ。

先日唐津で寿司を食べた時

芯が少し残るぐらいのシャリで

シャリが硬くて美味しいですねと言ったら

その店は客の来店に合わせてシャリを炊き

一切砂糖は使わないそうだ。

だいたい寿司はにぎって

すぐたべないとホロリとくずれる

シャリの硬さが美味しいのであって

出前をしているような店のシャリは

やわらかすぎるという考えであった。

断言しよう、

これからは硬いごはんが主流になる時代が来ると。

ご飯の炊き加減のリクエストに

芯残しでお願いしますと

あなたもきっと答えているはずだ。

|

« ジャカルタから更新 | トップページ | 宇宙と自分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/47282750

この記事へのトラックバック一覧です: 硬いごはん:

» 一阿のことば 24 [ガラス瓶に手紙を入れて]
軍隊に対する考えもタシ算ヒキ算で行きたいものです。ところがどうでしょう今軍隊というと市民と称する人達は身震いするほど嫌います。 [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 15時01分

« ジャカルタから更新 | トップページ | 宇宙と自分 »