« 宇宙と自分 | トップページ | リーマンショックのショック »

2010年1月25日 (月)

中国国営企業と金融危機

1月20日~24日 中国出張

取引先である国営企業を訪問。

今回の世界金融危機に対する

中国政府が国営企業に対して行った政策を聞き

カルチャーショックをうけた。

今回の世界金融危機に

中国政府は国営企業に対し

資金は国がいくらでも供給するので

いくら在庫が増えてもかまわなので

生産を落とさない事

ただし雇用を守り、一人でも切らない事を指示したらしい。

さらに新たな設備投資に対する助成金(返済不要)も

かなり交付されたようだ。

中国の国営企業の生産額は

中国のGDPの4分の1を占めているそうだ。

それは効果が上がるだろうと思うが

中国政府の財政は大丈夫なのかと質問すると

基本的に中国全土の土地は

中国政府の物なので

土地の使用権(50年から70年)を売って行けば

返す必要の無い国債のようなもので

いくらでも収入はあるそうだ。

いやはや中国恐るべし、

やっぱりかなわないとの思いを、また強くした。

|

« 宇宙と自分 | トップページ | リーマンショックのショック »

コメント

間違えて随分前のところに書いてしまいました。どうぞ『中国語で挨拶』のコメントをお読み下さい。

投稿: 都立西高 | 2010年6月21日 (月) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/47387154

この記事へのトラックバック一覧です: 中国国営企業と金融危機:

« 宇宙と自分 | トップページ | リーマンショックのショック »