« PET検査 | トップページ | 世界金融危機 »

2009年1月12日 (月)

20年12月

12月1日-5日 インドネシア

ルピアは円に対して

85が130へと1.5倍下落した

アジア通貨危機以来の変動だ

インドネシア国民の購買意欲はあるものの

金融危機の影響でバイクのローンが

組めなくなってしまっている。

円やドルで材料を購入して

ルピア建てで販売している現地法人は深刻で

巨額の赤字を垂れ流している状態。

ルピアのレートは3ヶ月間の平均で出されるそうで

3ヵ月後でなければ見直されず

その3ヶ月間の赤字は

ルピアのレートが戻らなければ取り戻せない。

前回のアジア通貨危機も

35くらいだったルピアは

インフレの進行もあり戻ることはなかった。

前回のアジア通貨危機でも感じたが

国の実態経済と関係無く起こる

急激な為替レートの変動で

その国の経済が傷つくのは

本当に理不尽で怒りを感じる。

12月9日-10日 佐賀

伊万里の事業所の地鎮祭

こんな金融危機の時代

我々は地に足をつけて地道に

日本の製造業をサポートすると誓った

12月16日-20日 中国

ここ5年開発を続けた商品も

想定外の価格の上昇はあったが

品質的には完成をみることができた

今後不景気の中で原材料が下がれば

あらたに価格を見直して戦略的な価格で

世界に販売していこいうと思う。

|

« PET検査 | トップページ | 世界金融危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/43714115

この記事へのトラックバック一覧です: 20年12月:

« PET検査 | トップページ | 世界金融危機 »