« 6月10日~11日 佐賀 | トップページ | 6月23日~28日 中国 »

2008年6月13日 (金)

バーナンキ米FRB議長

バーナンキ米FRB議長が6月3日の講演で「ドルの価値の変化がインフレとインフレ期待に及ぼす影響に注意」「FRBと米財務省が引き続き為替市場動向を非常に注意深く監視」と異例の発言でドル安懸念を示唆したことを重く受け止めるムードがあり、ドルが買われやすい状況になっている。

http://phi.fisco.co.jp/column/787152/

ということで円安ドル高になっているわけだが

このバーナンキというお方

200751765の講演において、所得の堅調な伸び、堅調な雇用情勢などの良好なファンダメンタルによって住宅市場が下支えされて、サブプライムローン問題が広範な経済、金融システムに重大な影響をもたらす可能性は小さいと楽観的な考えを示した。

と言っていた人です

双子の赤字を抱え

証券市場としてのマネーが回らないとやっていけない米国で

サブプライムという詐欺で世界中の人をだまし

インフレが進むなか利上げも出来ない状況下で

こんなハッタリ発言で為替は動いてしまうんだから

皆さん懲りてないというか

ドル安を見据えた上のデキレースというべきなのか

まあダマされないようにしましょう

|

« 6月10日~11日 佐賀 | トップページ | 6月23日~28日 中国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/41518356

この記事へのトラックバック一覧です: バーナンキ米FRB議長:

« 6月10日~11日 佐賀 | トップページ | 6月23日~28日 中国 »