« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月19日 (水)

12月18日~19日 佐賀

佐賀工場へ

セクションリーダーと打ち合わせ

半導体の高精度化に向けた品質向上

歩留まりの向上について議論

おおむね良い方向に向いている。

ソーラ(太陽電池)市場への生産量増加で派遣社員を募集しているが

佐賀でもなかなか集まりにくくなっているのが現状。

現在のソーラ市場がバブル的な要素を孕んでいると思っているので

正社員はなかなか採りにくい。

どうも現在のソーラ市場は

原油の値上がりにより過剰にだぶついた産油国の投資資金が

ソーラ業界に流れ込んでの加熱ぶりらしい。

世界の過剰マネーはいつもバブルのように膨らむ市場を探している。

日本のバブル崩壊もサブプライムも

その中にいる人はバブルに気づかない(気づこうとしない)傾向にあるが

これからの経営はバブル要素を見抜くことが重要だと思う。

しかしゴールドマンサックスがサブプライムに逆張りして

巨大な利益を得たというのはどうも納得いかない。

この利益のツケを払っているのはいったい誰なんだろう。

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/071214/fnc0712142109023-n1.htm

米国の低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付き問題に絡み、大手金融機関が相次いで巨額の損失を出す中、米証券大手ゴールドマン・サックスが、同ローン関連の資産担保証券の急落を見込んだ「逆張り」投資で、1年間で40億ドル(約4500億円)近い巨額利益を上げていたことが14日、分かった。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。

 ゴールドマンは、近く発表する決算で110億ドル以上の過去最高益を発表する見通しだという。しかし同紙は、ゴールドマンが相場下落を予測しながら同証券の販売を続けたため、結果的に顧客が多額の損失を被ったとして同社の姿勢に強い疑問を示している。

 同紙によると、ゴールドマンの担当部門のトレーダーらは、昨年末、サブプライム関連証券が下落する危険性を予測。今年初めから証券を売却し、相場下落後に買い戻して利ざやを稼ぐ手法の投資を始めた。金融市場が混乱した夏には、ゴールドマン自身も15億~20億ドルの損失を出したが、「逆張り」による巨額利益がこれをカバーした。サブプライム問題の深刻化を予測したトレーダーらは巨額の報奨金を受け取るという。(共同)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

12月9日~13日 インドネシア

中国の食中毒をひきずってインドネシアへ

下痢は止まらず。

せっかく食事のおいしいグランマハカムの朝食を一回も食えず。

水分ばかり欲しくてコーラやアイスティ(甘)ばかり飲む。

解雇した役員のDに現地法人の株を5%持たせていたので

それを買い取ることにする。

買い取り金額は3億ルピア(約350万円)で合意。

最初の出資額の5千5百万ルピアは

私のポケットマネーで出してあげたのだから、

3億ルピアは会社を立ち上げたDへの功労金でもある。

今後Dも何か商売を始めるそうだが、

同業はやらないように念をおす。

製造会社の新責任者Aと販売会社の新責任者Gでミーティング

来年の計画を立てる。

もうすこし売上を増やさないと苦しいことを認識。

そして前回に引きつづきGと顧客周り。

Dがさぼっって放置した穴はまだまだ大きく

当分はフォローが必要な感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

中国メーカー来日

12月1日より現在当社の主力商品になろうとしているメーカーの

社長・副社長・輸出窓口の社長が来日している。

今回は当社に日本の総代理店をやらないかとの話があり

それでは当社の顧客のポテンシャルを見てもらおうということになった。

関空から入り、関西の顧客を当社部長が案内して

12月4日東京に移動してくる。

夜、当社の営業13名と懇親会を行う。

食あたりの後遺症できついが頑張って飲む。

12月5日

顧問のIさんの母親が亡くなり告別式で

長野県高遠へ

以前から悪いことは聞いていたのだが

今回Iさんに大連に来てもらっっていて、

大連に残っている間に亡くなってしまったので、

申し訳なくなんとしても告別式は行こうと思う。

車で4時間、田舎なのでお寺もわかりにくくなんとかたどりつく、

Iさんご夫妻にお悔やみを述べる。

東京へとんぼ帰りして中国人と料亭へ、

輸出入会社の社長Mさんは料亭遊びが大好きでこれで3回目。

11月6日

朝、当社も出展しているセミコンジャパンの展示会に顔を出す

M社の人、先日の上海の機械メーカー社長にも挨拶。

昼すぎ、中小公庫の契約12日に金利が改定されるので

上がった場合に備えて契約書だけ作っておくとのこと

折り返し 5年 5000万円 2.25%程度

午後某社団法人の東京都の会議

ブロック長なので東京都の副会長でもある。

会議後、懇親忘年会

胃が重いがなんとか耐える。

12月7日

中国人を朝5時にホテルでピックアップ

新幹線で郡山へ

郡山で当社営業と待ち合わせ

東北のお客を訪問。

工場長はあいにく不在だったが

まじめそうな技術担当者としっかり打ち合わせする。

夕方本社に帰り、当社部長を交えて最終会議。

議論の末、量的なギャランティに合意して

2年契約の総代理店が決まる。

正式には相手のグループのボスと

3月に調印となるようだが、

実質的には総代理店として動き出す。

実に大きな契約が決まった。

これで当社もしばらくは安泰だ。

中国人とすしを食べてカラオケ。

契約がきまったので気分よく飲む。

12月7日

6時にピックアップして成田に送る

これでとりあえず今回は完了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月27日~1日 中国

ベンチャー企業M社のN氏とI氏と中国へ。

以前から話があったが、お互い多忙でなかなか実現しなかった。

11月27日 東京ー上海

上海の機械メーカー訪問

M社はこの企業と合弁企業を近々に設立するそうだ。

事前にこの話の相談を受けたとき、

中国に出資するのはやめたほうがよい

もしやるなら独資でいくべきだと

私はアドバイスしたのだが、

結局は合弁でやると結論したそうだ。

中国の社長とも会う、日本語も堪能で

いかにも商売人である。

M社がやりこめられなければ良いと少し心配。

11月28日 上海ー鄭州

上海から鄭州へ移動

顧問のIさんと合流。

上海が航空規制で飛ばず

1時間遅れた上に機内で1時間待たされる。

Iさんの話では空軍の演習ではないかということ。

11月29日

鄭州の工場を訪問。

M社の人を警戒してか結局工場はろくに見せてくれない。

打ち合わせをするが、

一年前から言っていることの繰り返し、

結局コストばかり考えてこちらの言うようにやってくれない。

11月29日 鄭州ー大連

Image116_2 

大連に移動

大連は海鮮がうまい

ウニは生きてるのを

殻つきでそのまま

スプーンで

食べる。

11月29日

大連の工場を訪問打ち合わせ

こちらは確実に進歩している。

私たちが教えたことを吸収して

製品の品質向上をはかり

中国国内にも新たなマーケットを拡大している。

我々のプロジェクトも12月中には

商売になるかどうかの結論が出る。

12月1日

大連ー東京

ウニだけにしておけば良かったものの。

調子にのって生ガキも食ってあたる。

カキは新鮮だったのだが、何かのウイルスがいたと思われる

帰宅して嘔吐と下痢。

聞くとM社の2人もそうだったようだ。

38度の発熱。

11月2日

絶食して一日寝込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月22日~25日 台湾 社内旅行

積み立て半分、会社半分負担で

2年に1回海外に社内旅行に行っている。

今年は台湾。

インドネシアから新しく責任者になったGも呼んで台北で待ち合わせる。

Gも電話やメールでしかコンタクトしていないので、

こういう機会に会ってコミュニケーションしておいたほうが良いと思った。

台北は東京よりは暖かかったが、肌寒く、

4日間天気もあまりよくなかった。

結局昼夜ともに、紹興酒等、飲ませたし、また飲まされ

飲みっぱなしの4日間となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山全国大会

11月8日~11日

某社団法人の全国大会で松山へ

私は今11の単位会のブロックの会長を務めている。

当ブロックから全国の会長を輩出していることもあり。

ブロックで大懇親会を開こうということになった。

松山で一番良いクラブを貸切った。

事前に入念に準備をしたつもりだが。

70名もの社長を仕切るのはそれなりに大変で

精神的にも疲れた。

とにかくよく飲んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »