« 訳のわからない情熱が世界をドライブさせている | トップページ | 脳ドック »

2007年4月27日 (金)

激動の一ヶ月

19年4月は本当に忙しかった

たぶんこんな一ヶ月はもう無いのでないかと思う

体調もずっと悪かった

でもお酒を飲まなければならない事も多かった

それではメモとして列記してみよう

:4月1日 新宿御苑にて花見 

大学の友人(参加14名)と毎年恒例の花見

私は場所取りしたんで

結局9:00~16:00まで飲み続ける

満開の桜の下、天気も最高で日に焼ける

:4月2日 成田から上海に移動

顧問のSさんと上海で落ち合う

Sさんが韓国でやってる別のプロジェクトで

韓国人の青年も来ていて3人で会食(ワイン)

:4月3日 江蘇省

カナダと中国の合弁企業訪問

測定器が全部輸入品でしっかり管理していた

:4月4日 江蘇省の奥地に移動

ホテルに入るも夕方から寒気

会食も酒を断るも白酒すすめられる

:4月5日 江蘇省の奥地

朝から38度の発熱

とりあえずバファリンを飲む

フランスと中国の合弁企業訪問

技術者は皆、頭が良さそうで

流暢な英語をしゃべり

自信に満ちている

本当にここは中国かと思う

上海に戻り夕食も食べずに寝る

夜中40度の発熱

ルームサービスで

ヨーグルトとオレンジジュース

:4月6日 上海から東京

朝38度あるが峠は超えた気がする

なんとか自宅に帰りつく

肺炎を患ってる母の体調が悪いと姉から電話

風邪をうつすといけないので今は行けないという

:4月7日 

体調は悪いがなんとか回復、熱37度

:4月8日 母を見舞い

救急車で母が入院、具合も良くないというので

短めに1時間くらい話す

酸素を口に当てていて苦しそう

同じ病院で胃カメラを予約しているので

又来ると約束

:4月9日 佐賀工場へ

客先でプレゼンする技術資料の作成

母は肺炎の治療にステロイド剤を使うという

苦しい時はモルヒネを使って意識を落とすというので

モルヒネを使う前には連絡くれるように頼む

:4月10日 佐賀にてISOコンサル

先月末に受けたISO審査の是正コンサル

姉からステロイド剤を使ったところ副作用が出て苦しいので

モルヒネを使うと連絡あり

今晩か明日来れるかというが

明日はメインの顧客の大事なプレゼンなので

明日終わり次第に駆けつけると言う

:4月11日 客先でプレゼン

メインの顧客で技術的なプレゼンを行う

おおむね当社の考え方を理解してもらった

終了後博多から羽田へ飛ぶ

羽田から病院まで渋滞で2時間かかる

20時時に病院に到着

母はかなり苦しそうであまりしゃべれない

忙しい私を気遣い

”お前もう帰っていいよ” と何度も繰り返す

23時になって眠ったので

姉にまかせて帰る

:4月12日 母臨終

朝5時に姉から電話

母の容態が悪化したので

1時間くらいで来られるかと言われる

急いで駆けつけたが母は亡くなっていた

最後はだんだん呼吸が止まって

静かに息を引き取ったようだ

苦しむ入院期間が短かったのが

せめても良かったと姉と話す

霊安室にすぐ運ばれ

葬儀屋と打ち合わせ

予約していた胃カメラをキャンセルしようと思ったが

キャンセルにも時間がかかるし

いつ又出来るか分からないので

姉に母を実家に運ぶのを付き添ってもらって

胃カメラを受ける

胃カメラ後は何も食べずに実家にもどる

午後お寺から坊さんがきてお経を上げてもらう

夜自宅に戻る

離れて住んでいたせいかあまり

母が死んだという実感が湧かない。

:4月13日 出社

お通夜が16日、告別式が17日に決まった

火葬場が混んでいるので

東京ではすぐ出来ないことが多いようだ

父が無くなった15年前と大分様子が変わっている

週明けが会社の支払日なので出社して支払いの準備をする

4月14日 会議 納棺

午前中に月に1回の営業会議と役員会議をして

受付を社員に頼む打ち合わせをして

午後から実家で納棺

納棺は葬儀屋が行うが

化粧など丁寧で驚く

:4月15日 自宅

自宅で休息 

喪主の挨拶の原稿を考える

4月16日 お通夜 (雨)

午前中出社して外貨の送金をして

午後実家に行きお通夜

雨の降る寒い夜になった

会社関係にはなるべく絞って御案内したが

それでも多くの方(約130名)が弔問に来てくれる

お通夜の後は親族でお清め

:4月17日 告別式

雨は上がるが寒い

やっと実感として寂しさを感じる

母は小さな骨壷に納まってしまった

:4月18日 青州へ

前から予定していた中国青島への出張

当社の部長も同行

青島空港から青州へ車で2時間

現地工場を見学し技術的なアドバイスを行う

会食は軽く白酒

:4月19日 青島 から 西寧へ

部長がメイン顧客の担当者を青島からピックアップ

青州の工場で落ち合う

終了後すぐ青島空港へ向かい

北京経由で青海省の西寧へ

:4月20日 青海省

青海省の工場を見学

その圧倒的な規模に驚く

昔の国営企業のようだ

聞けば電気代が1kwh=0.3元(約4.5円)だそうだ

昼食は羊の丸焼き

少数民族がアトラクションできて

白酒を大量に飲まされる

:4月21日 西寧から蘭州へ

西寧から蘭州へ車で2時間移動

蘭州の工場を見学

今日私が誕生日だというと

ケーキを買ってきて皆で祝ってくれる

誕生日ということで白酒を何かにつけ飲まされる

途中で吐いて対応

:4月22日 蘭州から鄭州

蘭州から鄭州へ飛行機で移動

鄭州の工場を見学

佐賀で作った技術資料をプレゼン

中国サイドにも当社の考えを理解してもらう

:4月23日 日本へ帰国

鄭州から北京経由で成田へ

北京空港は例によって混雑で

1時間以上とばず成田到着も遅れる

21時ごろ帰宅

:4月24日 某財団法人

青年部会長を務める

某財団法人の理事会と青年部役員会と研修会

研修会のテーマ母が亡くなる前に選んでいたのが

奇しくも”父を語る”というものであった

父を語ることは母を語ることにもなった

参加者にやはり最近お父様をなくされた方が2名いた

これも奇遇だなと思った

:4月25日 遺言状

姉から遺言状が出てきたので開封すると連絡があり

実家に向かう

生前頼んでいたように

本社の株は全部私あてにしておいてくれたようだ

:4月26日 インドネシア人面接

草加に営業向きのインドネシア人がいると聞き面接に行く

ここのところあまり良い人にあたらず

インドネシアの若者も変わったのかと思っていたが

今回はなかなかの逸材であった

即決で内定

:4月27日 出社

社内で残務整理

ようやく体調も回復し

このブログを書く余裕が出た

明日から9連休

ゆっくり休むことにしよう

|

« 訳のわからない情熱が世界をドライブさせている | トップページ | 脳ドック »

コメント

読んでいるだけでも、疲れた~・・。
すごい一ヶ月。大変だったね。GWはゆっくりしてもらいたいワ。こんなんじゃ病気になっちゃうわよさ<(`^´)>

投稿: 大福餅 | 2007年4月28日 (土) 15時20分

人生が壮大な暇つぶしだとしたら
大福餅さんのようなセレブ生活も
それなりに暇はつぶれるんでしょうが
自分はバタバタしてるほうが好きなのかも

投稿: geson | 2007年4月30日 (月) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/14863347

この記事へのトラックバック一覧です: 激動の一ヶ月:

« 訳のわからない情熱が世界をドライブさせている | トップページ | 脳ドック »