« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月21日 (日)

だんだん変わる

だんだん変わる

人間はだんだん変わる

自分と違うものに触れると変わる

ホントは変わりたくないし

変わるのは怖いけど

自分と違うものに出会うと

自ずから変わってしまう

日本人も変わる

日本人の良いとこもイヤなとこもあるけれど

海外と触れることによって

自ずから変わってしまう

どう変わっていくのはわからない

それはコントロールはできないから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

在留許可

中国との貿易金額も大きくなり

現地と細かい打ち合わせの必要も出てきた。

顧問のSさんが仕事のベースを青海省から

上海や韓国に移すということで、

今までSさんが通訳に使っていたXさんを

日本に呼んで働いてもらおうということになった。

Xさんは青海省という中国でも内陸で育ったので

性格は非常にまじめだ。

中国人は信用できないなんて一くくりで言われるが、

Xさんは下手な日本人より心がきれいで信用できる。

自分が気に入って採用するタイプには

大きく分けて2タイプあって

1つはくそまじめなタイプ

もう1つは明るい人当たりの良いタイプ

Xさんは前者。

初めてなので在留許可の申請を

専門の行政書士に頼むことにした。

ネットで調べると金額は¥160,000程度

国際業務ということで許可を取るには

下記書類が必要とのこと

大学の卒業証明書(原本とその公証書)
学士学位証明書(原本とその公証書)
現在の青海大学の在職証明書(原本とその公証書)
本人の履歴書(日本語で書いたもの)
パスポートのコピー(写真のページと来日歴のページ)
写真3x4cm 2枚

公証書というのは公証役場みたいなところで

その書類が本物ですよと証明している証書らしい

後は日本サイドが中国からの貿易の実績があれば

1~2ヶ月程度で在留許可が出るらしい

今月Sさんが青海に行く時打ち合わせてもらって

Xさんの学士学位証明書が6月に取れるそうなので

7月はSさんと青海省に行く予定。

Xさんの故郷・Sさんの情熱を注いだ大学を見てこよう

Xさんの奥さんにも色々話をしないといけないと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

5月10日佐賀工場10周年

佐賀に工場を移転して丁度10年で

移転10周年で社内で記念の懇親会をした。

顧問のIさんも中国から帰国していたので

参加してくれた。

思えば苦節10年であった。

10年前に佐賀に工場を移設したときは

ほとんどの設備が旧式で時代遅れだった。

その後設備投資を大々的に行い設備を入れ替えていった。

メインの顧客のテストにも合格し

従業員を増やして増産体制に入ると

製品にクレームが起きて受注がストップ

泣く泣く新しく雇った従業員を切った。

それが1度だけではなかった。

再び設備投資をして製品を改良して。

また従業員を増員して増産に入った。

するとまさかの2度目のクレーム。

また従業員を切った。

”またリストラするのか”

”こんな会社は付いていけない”と

古参の優秀な社員も辞めていった。

在庫は山となり資金繰りを圧迫した。

それが一昨年の11月から

原料は品質重視で高いものを使って、

顧客の最後のトライヤルをお願いした。

これでダメなら工場閉鎖も

止む終えないなという考えが頭をよぎった。

それが合格し大量に製品が流れるようになった。

過去の在庫も別の顧客に少しずつ流れるようになった。

従業員もどんどん増えた

皆自分の作ったものに自信を持つようになった。

新製品の製造にも着手してその販売も軌道に乗ってきた。

そして現在、半導体の市場はいま絶好調である。

工場はフル生産で、今年更なる設備投資を計画している。

iPod用の大規模な設備の受注もあり。

今期は久しぶりに景気の良い年になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »