« チェンマイ | トップページ | 東京都経営革新 »

2006年3月21日 (火)

インドネシア決算

ジャカルタより更新

当社のグループは12月決算であるが

申告期限が国によってずれているので

インドネシアは3月末が期限となる。

2月末の日本の本社の決算は

年後半の電子材料マーケットの急速な回復に助けられたのと

輸入品(中国製)の原料をうまいタイミングで導入することができて

そこそこの決算に仕上げることができた。

インドネシアは製造会社と販売会社と2社あるので

取引が複雑になっているため

会計事務所を交えて修正の真っ最中。

販売会社は現地法人としては結構な利益を出すことができそうだ。

利益の10%を社員の翌年の給与として

インセンティブとして還元する約束になっているので

現地の社員の給与も他社よりはかなり多く出せるはず。

インドネシアに投資を始めて10年になるが

ようやくキャッシュフロー的にも回収が進みだしてきた。

うまくお金を回転させてもっと上を狙っていきたい。

来月はマレーシアの決算

4年目だが少し赤字かもしれない

あまり短期的に見ないで

長期の戦略を粘り強くやっていこう。

|

« チェンマイ | トップページ | 東京都経営革新 »

コメント

初めまして!
インドネシアには仕事の関係で今年の3月に1年ぶりに行ったのですが、物価の上昇には驚きました。
ますます貧富の差が開くのかな?って感じです。

投稿: yokohata | 2006年4月15日 (土) 00時20分

ガソリンの上昇が大きいですね
産油国なんですけどね

yokohataさんのHP拝見しました
NPOで頑張られているのですね

日本語検定2級取得者で
営業向きのインドネシア人の方いましたら
採用希望いたしますので
連絡いただけると
ありがたいです

投稿: geson | 2006年4月16日 (日) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/9189898

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア決算:

« チェンマイ | トップページ | 東京都経営革新 »