« 中間体工場訪問9月21日 | トップページ | タイにて10月2日-7日 »

2005年9月23日 (金)

中国の時代

最近中国に行くことが多くなり

中国を知れば知るほど

遠くない将来に経済は中国中心の時代が来ることを

確信するようになった

その理由として

:人口が多い

労働力としてマーケットとして期待できる

:経営者・学界・行政の指導的立場の人が若い(40代)

文化大革命は中国の経済発展を阻害したが

その結果50代・60代の世代は失脚し現在は若い世代が国を動かしている

これは経済発展の変化の大きな時に丁度適している

:お金儲けの好きな国民性

東南アジアにいくと食べ物に困らなければ

のんびりしたいという人も多いが

中国人は根っから商売が好きな国民の様である

東南アジアの経済の中心に華僑がいることが

これを証明している

:中国国内は資源が豊富で

色々な産業が育成されているので

たいていの原料は中国国内で調達できる

FTA時代になっても税関は消えないだろう

税関を通すコストをかけずに

原材料が調達できるというのは大きなメリット

今は輸入する現材料よりも

品質が劣るかもしれないが

近い将来同程度にすぐ追いつくだろう

:IT技術が広い国土の情報を共有化させる

中国は広い

今まではその広さゆえに

同じ中国国内の情報がうまく伝達されなかったのが

急速に進むIT情報化で

情報の流れの速度は一気に加速するだろう

こんな理由で中国が経済の中心になることは

間違いがないと思っている

その時米国は政治的な覇権を握っていられるのだろうか

米国追従の日本の政治が変化を迫られるのは間違いない

|

« 中間体工場訪問9月21日 | トップページ | タイにて10月2日-7日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/6075279

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の時代:

« 中間体工場訪問9月21日 | トップページ | タイにて10月2日-7日 »