« 料亭M取材 | トップページ | 事業承継 »

2005年8月 4日 (木)

インドネシア人面接 8月帰国組

8月2日インドネシア人の面接

インドネシアの販売会社が好調で

営業の増員をしようと思っていたところに

某財団法人からいい人がいると情報があり

川崎3名と山梨1名面接に行く

前にもこのブログに書いた財団法人で

優秀なインドネシア人を日本企業に派遣している

そのインドネシア人が3年の派遣期間が終わる前に

派遣先企業に行って面接するわけだ

インドネシアに帰った後に集団面接会場で面接する方法もあるが

派遣された企業の社長さんから

インドネシア人の勤務状況を聞き

どのような環境でどのような社長さんのもとで

3年間を過ごしたかを知るのは

そのインドネシア人の日本というものに対する印象を

左右する問題だけに重要だと思っている

結果的に川崎の金型メーカーに派遣されていた子を採用する

20歳だが非常に頭の良い人だった

大企業で安定した生活を目指すか

うちの会社でやればやっただけのものはもらえるが

出来なければやめてもらうがどうするか聞くと

その場でチャレンジしてみたいと言った

今後の成長が楽しみだ

派遣先の社長も若い2代目だそうだが本当に良い方で

この社長の下で育ったなら間違いないと思った

彼を手放すのが本当に惜しいようだった

なんか本当にイイトコ取りをしているようで気が引けるが

私も彼には最大限のチャンスを与えていくつもりだ

|

« 料亭M取材 | トップページ | 事業承継 »

コメント

いつもお世話になっております。
社長の熱心な人材育成にこちらが、喝を入れられているような気がいたします。
今後とも、良い人材を母国に帰しアセアンの発展に貢献できますよう、頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。

投稿: 小阪礼子 | 2005年8月 5日 (金) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/5309085

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア人面接 8月帰国組:

« 料亭M取材 | トップページ | 事業承継 »