« 心のハードル | トップページ | 料亭M取材 »

2005年7月30日 (土)

タイ販売会社設立へ

7月24日から27日までバンコクへ行ってきた

販売会社を設立するにあたって銀行に情報を聞いたりした

銀行は名義貸は違法なのでお勧めはできないという

銀行の言うことはもちろん正論であるけれど

とりあえず最小の形態で

リスクはあるにせよスタートすることにした

始めないことには何も始まらないし

将来的に理想の形になっていけばいい

最悪資本金をあきらめて撤退すればよいのだ

会社のスタート時の形態として

:当面外国人のワークパーミットを取らない

女子事務従業員1名、資本金100万バーツ(300万円)での設立

:タイ側株主は名義借り発起人3名+女子事務従業員

名義借り株主3名に10%ずつ

女子事務従業員21%

日本サイド49%で株主登記

タイ側株主からは名義書き換えに白紙委任状をもらっておき

いつでも株主の変更ができるようにしておく

:登記するサイン権者は当面事務員とする

事務員をサイン権者にすることで

サイン権を悪用されることも可能性としてあるが

彼女にもよく言い含めたし

彼女を信用することにした

心配すればきりが無いわけで

経営者として社員を100%信用することはいけないが

全然信用できない人は経営はできないと思う

銀行のサイン権は登記のサイン権と関係なく登録できるので

私のサインと印鑑を使用する

:取締役は私1名

タイでは取締役はワークパーミット所持者でなくてもよい

ホントに最小限のスタート

まあこんな会社もめずらしいでしょう

|

« 心のハードル | トップページ | 料亭M取材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114369/5230982

この記事へのトラックバック一覧です: タイ販売会社設立へ:

« 心のハードル | トップページ | 料亭M取材 »